高い壁に挑むということ

June 20, 2018

 

テレビドラマ「モンテ・クリスト伯」が最終回を迎えた。翌週からW杯の中継が本格化していくためなのか、9話と10話を一体型にした2時間スペシャルという形で一気に放送してくれた。早く結末を見たいと思っていた身としては、余分に一週間待たなくていい今回のスペシャル放送は好意的に見ていた。

 

ストーリーは細部まで原作をオマージュしており、地上波放送の限界で泣く泣く原作に沿えなかったところはあれど、全体的によくまとめられており、ラストも視聴者に委ねてくれるようなシーンで終わったので、個人的にはかなり満足している。今クールのドラマでは一番面白かったし、次回放送を楽しみにしていた作品だった。

 

ディーン・フジオカは自身を代表するハマり役をもらっただろうし、稲森いずみと山口紗弥加にいたっては各々の女優としての存在感やクオリティをこれでもかと披露してくれて、本人たちもイキイキ演じているように見えた。そのくらいこの2人は完全に主役を食っていたから。

 

ただ作品の質の割に視聴率は振るわなかったらしい。原作と現実のバランスをとる難しさに直面した初回話が視聴率の行く末を決めてしまったか。今思えば、あれでも持ちこたえた方だと思ふ。それだけ設定が複雑だったし、あの尺の中でできる精いっぱいだった。

 

ただあまりにも難しすぎた。あの初回話で多くの視聴者が離れてしまったのだろう。制作チームの難しいチャレンジをそれなりの形にした努力に敬意を表したいが、多くの人を引きつけるような内容には残念ながらできなかった。

 

難しいことにトライしたから偉いのではなくて、求められた結果をしっかり出して初めて認められる。この大前提は不変。今回は厳しい結果になったが、こういうトライはどんどんやるべきなんだとも思っている。もっと奥が深いドラマが増えてほしいから。

 

定期株主総会の季節。自宅には保有銘柄の企業さんから招集通知が届いている。基本的に配当金しか興味がないけど、せっかくいただいた議決権。企業の発展になるような行使をしたい。時間があれば総会に足を運んでみよう。

Tags:

Please reload

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts

再び声をかけてもらうこということ

July 5, 2018

1/5
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Follow Us
Search By Tags
Please reload

© 2011-2017 Masaki Isaku Photography All Rights Reserved