逃げる方法を知らないということ

June 14, 2018

映画「万引き家族」を観に行ってきた。とても引き込まれた素晴らしい映画だった。監督・是枝さんの細かい演出に、質の高いキャスト陣が見事に応えていた。カンヌで賞をとったとか、そんなの関係なしに以前から観に行こうと思っていた作品だったが、劇場に足を運んで本当に良かった。

 

ここで描かれている内容はリアルな日本の一つの現実だ。社会の枠組みから完全に外され、逃れられない貧困。血のつながっていない家族がその貧困から脱出する方法もわからずに、犯罪によって日々の生活を何とか乗り切っていく物語。でもこの家族、みんなどこか楽しそうで。

 

ひたすら現実のみを映している作品。考えさせられることも多いけど、決して考えることを強制されていないちょっぴり緩い雰囲気の残る映画。救いはないし、希望もない。あるのは明日の生活をどう乗り切るかということだけ。

 

父と息子は万引き行為で親子の絆を紡いでいき、その善悪の葛藤で心が揺れる少年に心情が痛く映る。その一方で虐待の果てに誘拐された少女は買ってもらった水着ではしゃぐ。無表情で風俗の仕事をこなす青年女性は裕福な家庭で闇を抱えた。彼らが今いる場所は決して正解ではない。正解ではないけど、「血のつながっていない関係だからこそ、期待しないで済む」(樹木希林)から、居心地が最悪なわけでもない。

 

この映画は決して万引きを賛美する内容の作品ではない。社会のルールや行政を上手に使えない、あるいはその存在すらも知らない人たちが生きていくためにたどり着いてしまった末路なのだ。そんな家族を描き、是枝さんは我々に問いを投げかけたかったのではないか。確かに日本の恥ずかしい一面が拡散される未来もあるだろうが、そもそもエンタメ産業のフラッグシップであるはずの映画にプロパガンダを強制させるのは間違いだとも思ふ。

 

一度、劇場で観てみましょうよ。あらすじだけで腹を立ててる人たちは特に。そんな薄っぺらい映画じゃないですよ。エンタメ要素もそんなにないけど、答えは我々に委ねてくれたような結末になっているので、各々で結論を出せばいいのだと思ふ。

 

是枝さんインスパイアに引っかかったか。先日に地上波放送された「海街diary」を見て鎌倉に行きたくなってしまったので、行ってきた。七里ヶ浜では中学校の陸上部が走り込みの練習をしていた。観光地にも日常がある。先進国にも貧困はあるのだ。

 

Tags:

Please reload

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts

再び声をかけてもらうこということ

July 5, 2018

1/5
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Follow Us
Search By Tags
Please reload

© 2011-2017 Masaki Isaku Photography All Rights Reserved