ポジティブに年齢を重ねるということ


2年ぶりくらいに大学時代の仲間と集まった。社会人になってから仕事関係の付き合いに特化してばかりなのをどうにかしたいと思っていて、「久しぶりに会おうぜ」と思い切って連絡をとってみたら、みな快く時間を作ってくれた。

たった2年の空白でも状況は一変するもの。ある者は結婚間近になったり、またある者は転勤や出向の憂き目に遭ったり、となかなかハードな様変わりで驚かされる。そういう自分も最後に集まったときはまだ会社員で、独立してからは初めての再会となった。

時間の経過はやはり無駄にはできない。各々で立場は違うけれど、こうやって互いに経験や能力をアップデートできた上での再会は至福の時間となった。しょうもない職場の愚痴や、具体的に口に出せないほど品の無い話題などで再会の機会を消費せずに済んで感動している。ネガティブな話題のぶつけ合いは、その場でのストレス発散にはなっても、何も始まらないし、何も生まないものなんだと思う。

食べるものも、年齢を重ねていくうちにコッテリしたものは受けつけなくなったと言って、刺身を中心のオーダーで杯を交わしたのに、締めにとんこつラーメンを食べに行っちゃうめちゃくちゃなところなんかは、キャンパスに通っていた頃の面影が残っている感じがしてて面白かった。

今後、家庭を持ったり、責任ある役職についたりとかしたら、今以上にこういう時間を取りづらくなるのは目に見えていて、何ともいえない気持ちになっていく。でもそれはそれで素晴らしいこと。元気にやってさえいれば。

着々とそれぞれの職場で存在感を増してきている学生時代の仲間とは違って、会社員という看板を捨ててしまった当方は、周囲が困惑するくらい自由に過ごしている。先日、静岡へ茶園の視察に行ってきた。

日本茶産業に少し元気がないようで、まずはその実態を見てみたかった。茶摘みや試飲などの体験もさせてもらい、新茶シーズンの魅力を存分に味わえた。近日中に、今度は京都へ。新しい勉強に励みたい。

#雑感

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。

© 2011-2017 Masaki Isaku Photography All Rights Reserved