成果を基準にするということ


裁量労働制の導入が世を賑わせている。新しいことをやろうとすると、導入後に期待される利便性よりもまずはデメリット部分が心配になるのは世代を問わず一環されている。やはりというべきか、サービス残業が増やされるだけ、という危機意識を持った人が大多数を占めている。

時間拘束ではなく、仕事の成果によって報酬が出される雇用契約。その契約によっては定額で残業させ放題ができるため、確かに悪用する経営者は少なからずいるだろう。報道を見る限りにおいては、労働時間が劇的に増えてしまった場合における労働者のケアに対する部分は法案に具体的な記述がないところも、批判的な声が大きくなっている理由の一つになっている。

ただ経営者視点でみると時間給での雇用形態は負担が大きすぎる。ある意味、早く仕事ができる人よりも作業効率の悪い人の方が稼げることになるから。成果も売り上げも何も生み出してない時間帯にもコストがかかってしまうため、そこを割に合わないと感じている経営者はおそらくごまんといるはずだ。自分もその立場になったらそう考える。解雇規制や36協定で労働者が手厚く保護されている現行の法体系では正社員をなるべく抱えたくないし、賃金も上げたくない。

だから期待した成果を出してくれればたとえ作業時間が1時間だけで終わったとしても、その拘束時間で約束した金額を払うよ。でもその成果が出るまで何時間かかろうが、かかった分の追加料金は払わないよ。これが一番しっくりくるのは確か。

問題は単価の定め方かな。時間給という概念でなく、出した成果によって値段が決まるなら、その設定額を法律で定めるのは難しい。職種によって発注側と受注側で期待している金額は異なるだろうし。事前契約段階で弁護士の仕事が増えるのだろうな。

ただこの制度って極端に言うと遅刻や早退をしてもお咎めなしにできると思うのだが、どうなのだろう。極端すぎるとやっぱり固定給は減らされるのかな。契約内容によっては成果無しなら¥0ってのもありうるだろうから、そうなると労働者側は時間効率良く成果を出せる仕事ばかり選ぶようになるので、サービス業の経営者は人手不足で苦労することになるのでは。

労働者側だけでなく、経営者側でも一定のリスクを背負わせるこの制度。個人的には一度導入してもらって世の中がどう動いていくのか見てみたい気持ちがある。裁量労働制の案件を受けて、仕事の効率が良くなった自身の経験もあるので。マイナスばかりじゃないと思う。トータルで見れば。

開幕戦。菅原由勢が出ていてビックリした。2失点に絡んでしまったけど、初めはそんなもんでしょう。

#クラブユース

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。