派手さを求めないということ


東京都議選は都民ファーストの会の圧勝で終わった。当方は千葉県民のため、今回の選挙は当たり前のように傍観するだけだった。そろそろ自民党以外でどこか選びたい有権者が多数だったのだろう。民進党に任せるわけにはいかないので、押し出されるように都民ファーストが選択された流れなのだと思う。

今回、自民党は公明党の手厚い支援がなく大惨敗となったわけだが、もともと積極的な支持を受けていたのではなく、単に消去法で残ってきただけという事実が改めて浮き彫りになったのではないか。決して自分たちの力が優れていたのではないことが結果で可視化できたので、これはこれで良かったのかもしれない。

それは都民ファーストも同じで今回は開店セールで多くのお客さんが来てくれたけれど、日常に戻ってレギュラーの顧客をどれだけ増やせるかが課題になる。正直、選ばれてはいけなかった候補者の一部が当選者に名を連ねているので、そこは注意しておくべきかと。

何か、大阪維新の会が台頭してきたときと状況が少し似ている気も。東京都構想とか…。派手なことは求めていないので、じっくりと歩みを進めていけたらいい。

今年11月までが有効期間のANA株主優待券の処遇に困っている。片道だけ半額でもなぁ。1月に生命保険の支払いでそこまで余裕がない状態なので今年はパスか。

夏に青春18きっぷとどう組み合わせるかで検討を進めた時期もあったが、今は必要以上の娯楽よりも投資に集中かな。無理に遊びにいくこともないわけだし。

#雑感

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。