金利よりもポイントで勝負していくということ


いつものように東洋経済のWebコラムを読んでいたら、スルガ銀行ANA支店に関する記事があった。マイナス金利導入後、預金金利に全く期待ができない状況で、各銀行がポイントサービスに力を入れるようになり、それが地方銀行にも広まっていった、という内容のものだった。

スルガ銀行ANA支店の口座を持っていれば、取引や定期預金などでANAマイルが貯まっていくというものだった。毎日、必死にANAマイルを貯めているくせに、こういう情報を知らなかったのは痛恨だった。すぐにスルガ銀行の公式サイトにアクセスして概要を整理。すぐさまオンラインで申し込みした。

給与振込で50マイル/件、クレジット支払いで5マイル/件と毎月自動的にマイルが貯まるのは大きな魅力。ただこの口座を利用しているだけで勝手にマイルが決済とは別に貯まっていく。しかもVISAデビットカードを所有することになるので、海外での両替でも重宝しそう。

不安に思ったのが現金引き落とし。自分はスルガ銀行のATMを見たことがなかったので、現金を引き落としたいときは困るのではないかと思ったが、ローソン以外のコンビニATMやゆうちょ銀行で対応してくれるというので問題無し。口座に20万円以上預けていれば、手数料もほとんどかからないのだから嬉しい話だ。

もうこういう時代。都市銀行よりも実質的な店舗を持たないネット銀行のほうが金利なども含めてメリットが多いのはわかっていたが、いかんせん街中のATMの普及率を考えたら、まだ都市銀行に頼っていた部分もある。でもこれをきっかけに生活口座を切り替える。コンビニATMの手数料無料は偉大だ。

思えば知人が楽天銀行を使っていて、その口座を使用しているだけで楽天のポイントが自動的に貯まっていくという話を聞いたときに気づくべきだった。本来なら。メリットがあることに関しては積極的に取り入れるスタンスはこれからも強く意識していかねば。

取引先とのお金のやりとりも新しい口座に移行していく。クレジットの口座変更など手間も多いが、それはそれで仕方のないこと。証券会社を通して、オンライン上でお金を移し替える作業もやっていきましょうか。

◎ちょっと遅くなったが…

全日本大学野球選手権は立教大が優勝。東京六大学制覇に浮かれることもなく、したたかに。ギリギリの接戦をものにする強さはもう本物だよ。

個人的には近藤弘樹の太ももの大きさにびっくり。本当に羨ましい体格をしていた。間近で見れたのはよい経験になったと思う。

#大学野球

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。