自分に正直に生きるということ


◎自分の意義

劇場で鑑賞しようと思いながら1年が過ぎ、iTunesでのレンタルだが、ようやく映画「キャロル」に手がつけられた。女性同士の同性愛がテーマの作品。50年以上前のニューヨークが舞台で、悩みを抱えて精神的な苦しみを持つ人妻と夢を追う若いデパート店員の女性が運命の出会いを果たす。互いの存在が自分の意義を認識させて、やがて2人の旅が始まる。

両者の迫真の演技はとてもすさまじかった。表情や仕草で訴えかけてくるところが何とも。特にルーニー・マーラがたまらなくかわいかった。こういう地味めの役柄もできるのかとちょっとした発見にもなった。ストーリーも欠陥がなく、恋愛映画を全く観ない自分でもかなり満足度の高い作品だった。

鑑賞後は自分に嘘をつかずに生きているのかな、と問われているような気分にもさせられた。移動時間中の電車内ではなく、やっぱりスクリーンで観たかったなぁ。また時間が経過したら観たくなるでしょう。

◎妥当なジャッジ

センバツ出場校が決定。注目された関東・東京の6枠目は日大三が選出された。かなりの確率で慶應になると思ったので、意外に思った。しっかりと選考に向き合ってくれて嬉しい。

櫻井周斗と清宮の再戦はあるのでしょうか。金成麗生ももう少し動きに軽やかさが出てきてほしいが、今回の出場決定でモチベーション高く過ごせるので、レベルアップに期待したい。

#高校野球

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。