支出の削減に頭を悩ますということ


近々、ガラケーがなくなるという噂が流れ始め、不安な日々を過ごしている。ガラケーがなくなれば、今行なっている携帯料金の節約法が全て水の泡になってしまうからだ。

携帯電話の使用料の高さが問題になった件で、携帯大手キャリアは格安スマホの会社を新たに設立し、総務省からの注文の渋々応える形で動き出した。ここ2,3年間の話である。

これでめったに携帯電話を使わない人にとっては余計な出費が免れるわけだが、頻繁に通話やデータ通信を使う人に関しては、やはり毎月¥10,000を超えるプランを選択しなければならない。これに機種端末代金が乗っかってくるので、大きな負担になっている。

通話もネットも多く利用する前提で、月々の通信費を抑える方法はないものかと色々と模索し始めたのが2年前くらい前。今は毎月¥5,000前後で通話もネットも多く利用することに成功した。幸運にも。ヒントはWi-Fiルーターだった。

外出先でノートPCを使用する関係でWi-Fiルーターの持参は必須だった。PCではWi-Fi、携帯電話でのネット利用ではキャリアの回線。同じネット利用で別々の回線を使わなければならない現象に強烈な違和感を覚えた。

そこでとったアクションは持っていた1台のスマホを、通話だけのガラケーとネット利用のみのタブレット、この2つに分散して使用するという方法だった。ガラケーはかけ放題でも¥3,000、Wi-Fiは使い放題で¥2,500(キャンペーンで契約)と両方とも使い放題で¥5,000前後で毎月やらせてもらっている。1台のスマホを大手キャリアの回線で同じように利用すれば¥13,000くらいかかるだろう。それを半額以上の節約に成功した。これは今後も続けていきたい。

しかしガラケーがなくなり、全てがスマホで賄われると、通話だけのプランがなくなる可能性が大きいので、使いたいものだけへの支出ができなくなってしまうのだ。楽天モバイルとかで通話だけの格安SIMの販売がなされれば解決するのだが、今はどこの会社もデータ通信の容量別にプランを組んでおり、音声通話のみのSIMが現れていない。これはかなりピンチとみていい。

どうにかならないかな。基本的に通話だけしか使わないお年寄りはたくさんいると思うのだけど。無理やりネットを使わせるプランだけを提供して、お金儲けに走りたいんだろうね。通話のみを販売してくれる救世主は現れないものだろうか。

年明け以降、何も起こらなくて少し退屈な日々。早く春にならないものか。センバツ出場は絶望的ながら、投手陣の整備が進めば、かなり面白くなるであろう横浜。高校生の右打者では一番星かもしれない増田珠。内野ができると好ましいなぁ、投手じゃなくて。

#高校野球

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。