捕まるわけにはいかないということ


2016年夏期ドラマは結局、何も見ずに終わった。初回放送を軒並み見逃したため、こうなることは明らかではあったが。来月から秋期ドラマの放送が始まる。今のところ、織田裕二主演の「IQ246」(日曜21時)に目星をつけている。NHKの朝の連続ドラマ「べっぴんさん」もあるので、夏の反省も踏まえて、ちょくちょく見ていくつもり。

先日の日曜日の夕方。線路内に人が立ち入ったため、山手線が運転を見合わせていた。並行して走る京浜東北線が通常運転だったので、ことなきを得たが、乗車していたおよそ30分間、山手線はいっこうに運転再開の目処が立たない状況。さすがにちょっと気になった。

さっさと捕まえなさいよ、線路内に入っただけで、逃げているわけじゃあるまいし。なんて毒吐いていたが、夜のニュースを確認したら、立ち入った人は下着泥棒だったみたい。そりゃ逃げるか。きっと鬼の形相で逃走していたのだろう。そうなると捕まえるのが大変なのもわかる気はする。

U-17W杯出場を決めたU-16日本代表。AFC選手権の準々決勝、UAEとあいまみえ、1-0で勝利した。フィニッシュのところで相当ヤキモキさせられたが、この試合に関しては結果が全て。何にしても良かった。

今大会は監督の意向により、選手各々の意欲の強さで試合に出るメンバーを決めていたため、いまいち最強の布陣がわかりにくかった。絶対に落とせないこの準々決勝のスタメンが現状のベストと考えてもいいかもしれない。小林友希が万全の状態なら、菅原由勢がサイドになっていたのかな。この状況でCBのチョイスを勝ち取れなかった監物拓歩の評価はちょっと厳しい…。

鈴木冬一も例年の年代別代表ならばエース格の選手だろう。でもこの世代だとスーパーサブのポジションに今のところは甘んじている。本人はこの状況をどう見ているのか。既に来年の世界に向けた戦いは始まっている。この後の2試合で彼の決意表明をプレーで示してほしい。

#クラブユース

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。