物事を40年間続けるということ


40年間にわたって連載が続いた漫画「こち亀」の最終話が掲載された週刊少年ジャンプを購入してきた。特に大ファンというわけでもないが、小学生のときに日曜19時放送のアニメを毎週楽しみに見ていた人間にとって、この作品の結末に是非とも立ち会いたい気持ちが強く、久々にページをめくった。


ジャンプ自体がかなり久しぶり。大学入学直後くらいまでは読んでいた気がする。記憶を辿ると、まず思い出すのが「バクマン」の最終回。けっこう時間が経っているはず。あの時読んでいて、今も連載が続いているのはONE PIECEやトリコ、銀魂くらいか。

通常の漫画は大きな物語の中の一部を毎週掲載し、それをつなげて読ませていくもの。しかしこち亀は完全に一話完結型。時系列は完全に機能しておらず、その気になれば半永久的に連載ができるカテゴリーではあった。しかし40年間、一度の休載もネタの枯渇もなく、ストーリーを描き続けられるというのはちょっと考えられない話ではある。でもネタ作りに関しては秘密がある。

以前、どこかで聞いた話だが、こち亀は読者からのお便りを漫画のネタにしているらしい。どんなに何気ない話でもそれをしっかり漫画にしてしまうという。確かに様々なジャンルでマニアックな話が出てきていたから、絶対作者一人では無理だろうなとは思っていた。そう考えるととても素敵なことに思える。作者・編集者・読者。このトライアングルを構築できたからこそ、40年も作品を続けられたのだと。

物事には必ずいつか終わりがくるものだけど、それまで築き上げてきたものは決して損なわれない。特に漫画はストックとして残るものだから、今後も幅広い年代の人たちに読まれていくんだと思う。

不安定な天候の中、粛々と行われている秋季大会。昨秋の関東王者・木更津総合が早くも県2回戦で敗れたらしい。打線は旧チームの主力が残っていたが、確かに投手陣の整備はちょっと触れていなかった。それだけ早川隆久のチームに懸けていたものがあったのかな。

峯村貴希と山下輝。いったん仕切り直しだね。

#高校野球

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。