自分の無事を最優先にするということ


資料漁りに精を出しつつ、何となくつけていたTVで一昨年に韓国で起きたセウォル号沈没事件の特集をやっていた。字幕がハングル文字で構成されていたから、おそらくは韓国国内で制作された番組なのだろう。日本語に吹き替えられた状態で放送されていた。BS1かCSのチャンネルだったのかな。

スポットに当てられていたのは、船員側の人たち。事故発生直後に、乗客を見捨てて真っ先に逃げ出した行為に世界中から非難の声にさらされた。顔にはモザイクがかけられながら、当時の乗組員だった複数の人間への独占インタビュー。テレビカメラの前に立つのは、非常に勇気のいることだったと思う。

船員たちは異口同音にまず自分の無事が最優先だったと答えた。非常事態とも言える転覆劇。スケールの大きさから言って、あの場で自分が何かプラスになるようなことができるとは思えなかったと述べた人もいた。管理責任は当然、問われるべきであろうが、生命の危険にさらされた状況で、利他的な行動に移せる人間が果たしてどれだけいたか。彼らだけに限らず、同じような局面になったときは、ほぼ大半の人間が同じ行動をとると思う。自分なんか真っ先に。

彼らはあの事故で生き延びたけれど、その後の周囲の視線で苦しむ日々が続いているのだという。いっそのこと、そのまま事故に巻き込まれてしまった方が良かったと思うときもあるらしい。死んでも地獄、生き延びても地獄。ちょっと切ない特集の番組だった。

ドラフト会議まであと1ヶ月弱。志望届を提出した学生選手が続々と出てきている。高校No.1外野手の鈴木将平(静岡)も無事に届出が完了したみたい。どこが指名するのかしら

#高校野球

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。