発掘漏れを犯すということ


プログラミングの学習はプログラムの構造上の性質を何とか理解し、次のタームへ。いよいよそれぞれの言語に着手する段階にきた。まずとっかかりとしてMySQLから始めている。様々なリストからデータベースを構築。文字型と整数型の意味の違いなど、新たな学びは理解が大変である一方で、脳に新鮮な刺激をあたえてくれる。まだスタートしたばかりで、道のりは果てしなく長いが、チャレンジ自体は非常にポジティブに臨めている。

夏の甲子園は作新学院が優勝。攻守にハイレベルだった。文句なしの内容。昨秋・今春と関東大会に進めなかった学校が日本一とは。この年代の選手・チームの成長度にはいつも舌を巻いてしまう。

今井達也の存在は恥ずかしながら、この夏に初めて知った。最初は昨年のエースだった倉井と間違うくらい自分の中ではノーマークだった。せめて関東の学校でこのレベルの選手の発掘漏れは避けたいところ。チーム全体としても、昨年のレギュラーだった小林虎太郎しか知らなかったのは大問題。ちゃんと省みますよ。

#高校野球

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。