慌てて消化するということ


TV用HDDの空き容量があと少しとなり、録画しっぱなしだった番組の視聴を慌てて消化した。「白ゆき姫殺人事件」や外科医ドラマ「ドクターX」など未視聴のドラマや映画を3倍速で観ては消して、観ては消しての繰り返しで容量の回復に勤しむ。そのせいで何を観てるのか、全く頭に入ってこない。記憶が曖昧で岸部一徳なんて、ほぼ全ての作品に出ていたような。深夜遅く、半分寝ながら観ても面白くないものね

来年1月から始まる確定拠出年金について、いろいろと調べているところ。支払い、受け取りともに全て非課税。60歳までは引き落としができないものの、支払いのストップや、資産運用を自らの裁量でできるため、なかなか面白そう。自分次第というのが興味をそそる。現時点で個人年金保険に加入中なので、60歳までの貯蓄に関しては一つの選択肢を確保している。でもそれだけで老後生きていけるほど甘くはなさそう。会社勤めだろうが、自営業だろうが平成以降にリタイアなんて言葉はないのかもしれない。今のうち、できることはしておこうか。

高校総体開幕直前、よりによってこの時期にプレミアリーグでこの対戦カードが組まれるとは。市立船橋と流経大柏の千葉頂上決戦は市立船橋に軍配。太田貴也のプッシュで奪った1点を守り切った。運動量にものを言わせてフィジカルを全面に押し出していく流経大柏にやや手こずったものの、さすがの試合巧者ぶりを発揮。U-17の新潟国際ユースで両チームともに主力が数人いない状況ではあったが、激しさは損なわれなかった。

全国総体も含めれば、年間で最大5回、このカードが実現することになる。次戰は広島の地で日本一をかけた一戦が行われるのか。ありえそうで恐ろしい。

#クラブユース

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。