無念が時代を守るということ


参院選が終わり、その結果が軒並み株価に反映し始めた。狙っているANAとオリックスがともに上昇。譲渡益にももってこいの展開となっている。それに対し、私のような株主優待目的の投資家にとっては好ましくない展開に。様子を見すぎたきらいはある。やはり英国のEU離脱から参院選にかけた時期が買い時だったかもしれない。

与党の圧勝となった参院選。さぁ、経済対策だ、改憲へ加速だ、てな動きの中で、天皇陛下が生前退位する意向との報道が世間を駆け巡った。以前からそのような考えを持っていたようだが、参院選の直後というのがやはり気になる。憲法が(悪い方向に)変わりそうな展開を陛下がかなり危惧しているのかもしれない。

フィリピンや国内の被爆地を次々と訪問し、平和祈念に力を入れてきた陛下。それはもう宮内庁が本気で困るほどに徹底したものだった。右傾化に走る政府からすれば、厄介な存在だっただろう。両者の関係にヒビが入っているのはほぼ間違いない。こうしてみると、東條英機の暴走を止められなかった昭和天皇の無念が、時代を経て、今このような形で表出するとは非常に興味深い。

社会人野球の都市対抗が開幕。高校野球の地方大会真っ只中ではあるが、その傍らで時間をやり繰りしていきたい。昨秋のドラフトでまさかの指名漏れを味わった北村祥治。トヨタ自動車でその生き様を堪能したい。

#大学野球

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。