最初に仕組みと構造を理解すること


先日、プログラミングの入門書を購入した。

きっかけは先月の東洋経済と先週のAERAで組まれたプログラミングの特集を読んでから。今は小学生でもその仕組みを学ぶ時代なのだという。浦島太郎になることを恐れたため、チャレンジしてみることを決意。かなり基礎的な内容のものを手に取った。

いろいろな種類の言語があり、目的によって使用する言語を複雑に組み合わせるため、生半可な志ではすぐに挫折してしまう。ただ知り合いのSE曰く、プログラミング自体は構造が非常にオーソドックスで文系でもしっかり理解ができるものらしい。

特に今、プログラミングを使って何かがしたいというものもないので、とりあえずはプログラミングの仕組みや構造の理解から。コンピュータを動かす概念は知っておいて損はないらしい。

週末は神宮球場へ。大学選手権の準決勝2試合が組まれていた。

目当ての吉川尚輝。この日は目を奪われるようなプレーはなかったものの、先制の2塁打を放ち、早速存在感を発揮。チームは大逆転勝利をおさめ、その勢いのまま、初優勝を手繰り寄せた。

地方リーグの躍進が大きくクローズアップされた今大会。まだまだ東京六大学や東都のレベルには達していないが、それでも何が起こるかわからないのが野球。一発勝負のトーナメントであれば、今後もこういった結果はたびたび起こると思う。

#大学野球

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。