闇の中にあるゴタゴタ劇

柏レイソルのミルトン・メンデス監督が突如の辞任。

後任にヘッドコーチだった下平隆宏氏が就任することに。

「事実上の解任」など様々な憶測が飛び交う今回の経緯。クラブ側の対応も拙い部分が多少あり、いったい真実は何なのかは未だに不明。

下平さんは昨年まで長い期間、レイソルU-18の監督として指揮を執っていた。徹底的にポゼッションにこだわるスタイルで、数々の人材をトップチームに送り込んできた実績を持つ。

クラブとして長年、実現を夢見ていた「トップとアカデミーのシームレス化」に大きく舵を切ったのが昨季。アカデミーにポゼッションスタイルを確立させた吉田達磨氏が満を持してトップの監督に就任。

しかし、結果も内容も期待以上には伴わず、1年限りで退任。シームレス化は一度、白紙に戻す名目でメンデス氏招聘の流れだったように思えた。

今回の監督交代はその場しのぎの側面がやや強いが、再度シームレス化に挑む決意のあらわれだろうか。

アカデミーでの実績を引きつれて、トップの監督に就任という流れは近年しばしばお目にかかれる。エスパルスの大榎さん、ヴェルディの富樫さん、コンサドーレの四方田さんなどなど。成功した人もいればそうでない人も。下平さんはいかに。

ただ今回の人事で今季からU-18の指揮を執るはずだった布部さんがトップへいくことになり、こちらも監督が交代。これは非常に由々しき問題。クラブの管理体制の是非は問われるべきだと思う。

#クラブユース

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。