最高峰リーグへの挑戦権


昨年に引き続き、プレミア参入戦が行われる広島へ。

最終日の参入チーム決定戦のみ足を運ぶ。日曜日開催のため近隣の学校の選手たちの動員がとても多かった。

来季の参入チームはマリノス、アルビレックス、神戸弘陵、大津の4つ。

大津は再参入で、他3チームは初参入。アルビレックスは念願叶う。マリノスもやっとプリンス関東を抜け出すことができた。

それに対してジュビロ、前橋育英、ヴェルディ、静岡学園は昇格ならず。ジュビロは呪われているとして思えない形で敗戦。無念だろう。

以前は各チーム、プレミアリーグ参戦へのモチベーションに温度差があったが年を重ねるごとに多くのチームが本気で昇格を狙うようになってきたと感じる。

そのためこの参入戦で2勝する難易度もかなり上がってきている。各地域のプリンスリーグを必死の思いで勝ち上がってきても、この一発勝負の戦いに敗れればすべてが水の泡。

この厳しさ。最高峰リーグの名は実を伴ってきた。ここで戦う20チームは所属しているというだけで勲章だと思う。

各試合、一発勝負特有の手堅いロースコアでのゲームが展開されていったが大津と静岡学園の試合は点の奪い合いとなった。

特に静岡学園の攻撃のクオリティは目を見張った。あそこまで個々の技術を極められたチームはクラブユースも含めて今年はいなかったのでは。

静岡支局にいるスポーツ紙の記者から、「今年の学園はすごいよ」と聞いてはいたが噂に違わぬ強さだった。

ただ2-3で大津に敗れる。

試合内容と質は圧倒していても、ボールを奪われた後のマネジメントは皆無。カウンターでことごとくピンチに陥っていた。

おそらく今もそういった守備戦術のトレーニングはやっていないのだろう。あれだけの攻撃力を持っていても今年、全国の舞台にたどり着けなかった要因がこの試合に凝縮されていた。

攻撃に手数と手間を多くかける戦い方はトーナメントでは足元を掬われてしまう。先日のJリーグチャンピオンシップ準決勝で浦和レッズが敗れたシーンを思い出した。

よくも悪くも学園らしい試合で会場はこのハイレベルな一戦に沸いた。

終始劣勢だった大津も勝負所で強度を上げる戦いぶりは素晴らしかった。

攻守にバランス良く、一美がベンチスタートだったものの他のアタッカー陣の能力も高く、攻撃力は高い状態を維持。

プリンス九州で圧倒的な成績を収めたのも頷ける。植田・豊川の学年より力があるかもしれない。

学園は、今年度で大学卒業を迎える長谷川竜也、福島春樹の学年のように今年の代も大卒でJを狙える選手が多くいると感じる。

旗手怜央は順大への進学が決定しているようで、彼の実力であれば入学直後から出番があると思う。

今回の結果で来季のプレミアで戦う20チームが確定した。

EAST,WESTともにクラブユース7、高体連3の比率での構成。東西の境界線が関東に近づくと思ったが、今季と同じくエスパルスとグランパスがその狭間となった。

年々レベルが増していくプレミアリーグ。いずれは冬の高校選手権ではなく、ここを最終目標にする選手が増えていければいい。

個人的にもそのお手伝いができたら。

#クラブユース

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。