昨年との違い


平良彰吾

赤穂雷太

平良彰吾

タイムアップ

11月に突入。徐々に冬の足音が聞こえてくる季節。

久しぶりの屋内、場所は船橋アリーナへ。

ウインターカップの千葉予選、男女の決勝が行なわれた。

女子は昭和学院、男子は市立船橋がともに昨年に続き、全国への切符を手にする。

昭和学院が前評判通りの圧倒的な力を見せつけた一方で、市立船橋は苦戦の末、柏日体を3点差の僅差で振り切った。

昨年、全国3位に輝いた市立船橋。

その時の主力で残っているのは平良彰吾のみ、ただ世代交代は比較的うまくいっていたように思う。

新人戦、関東大会予選、総体と全ての県大会で優勝。全国総体でも3回戦進出となかなかの結果を出していた。

この日は柏日体のニャムフーのゴール下の強さに圧倒され、序盤は劣勢に立たされた。

インサイドへの侵入はことごとく潰され、リバウンドはオフェンスもディフェンスも競り負ける。第1Qで最大8点もの差をつけられていた。

昨年のチームと比較して、かなりインサイドが弱体化している印象を受けた。

昨年は青木太一、杉田涼の迫力あるアタックに、戸田貫太もそれなりに競れたため、インサイドで主導権が握れたチームだった。

インサイドが強いから、外の岡野直樹のショットも効く。内と外、どちらでも攻めれる特性を持っていた。

内で主導権を握れない…。

インサイドの強さが結果に反映しやすい性質を持つバスケットにあって、この現実は絶望をもたらす。

しかしインサイドで勝てなくとも、相手のインサイドを弱体化することで攻略の糸口を見つけられるのもまた心理。

市立船橋・近藤義行コーチは平良と白井虎太郎の2ガード体制をとる。

外でボールを動かして、柏日体のディフェンスの足を動かす。シュートモーションに入るたびに猛チャージをしてくる相手のスタミナを奪う戦略をとってきた。

また外から中への侵入も積極的にトライさせ、柏日体の圧縮されたインサイドを広げさせた。

それが功を奏し、徐々にニャムフーをゴール下から遠ざけさせることに成功。柏日体の攻守を機能不全に陥らせる。

前半は2点ビハインドで終えたが、後半開始からダイナミックなアクションで市立船橋が猛攻を仕掛ける。

赤穂兄弟の弟、雷太がひるむことなくニャムフーに立ち向かい、インサイドでも互角の勝負ができるようになったのが大きかった。

打ったシュートが次々と決まり、最大13点もの差をつけて、試合を優位に進めていく。

このままのペースで終わるかと思いきや、今年の市立船橋はそこまで盤石ではなかった。

柏日体の選手交代から徐々に流れが傾き始めると、点差を詰められる。今年のチームの最大のウィークポイントは劣勢の時間帯のシュート精度が極端に落ちること。

そもそもシュートが入らないから劣勢になることを考えたら拙い考察になるのだが、精度の落ち方が尋常ではないレベルにあるので立て直しに手間取るのだ。

終盤はニャムフーの退場もあり、なんとかリードを保ったまま試合終了。

夏までは優位に立っていた柏日体を相手の辛勝ということで近藤コーチは試合後やや不満な様子を漂わせていた。

本番まで2ヶ月弱、昨年のやんちゃだったチームは勢いに乗ると手がつけられない強さを発揮する。

それがうまくハマって上位にいけたのだが今年はどうだろうか。プレースタイルや人間性は堅実な印象を受け、良くも悪くも力通りの結果になるのではないかと感じている。

相対的な部分が大きく左右することになるので、組み合わせ抽選次第となりそうだ。

ただ初戦で明成と当たって、どれくらいの試合ができるのかを見たい気もする。雷太は八村塁とのマッチアップで大きな経験をしてほしい。

#バスケットボール

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive