2部での頂上対決

September 30, 2015

 

 

 

 

 

国体開催期間である9月下旬の週末は、高校生カテゴリーの大会は中断となる。

野球の秋季大会やサッカーのプレミア・プリンスなどは一部の地域を除いてお休み。

そのため毎年、この時期は大学カテゴリーの現場に足を運んでいる。

 

土曜日は東都大学野球をチョイスした。休日に組まれていることは1部ではない。

2部の東洋大vs青学大。両校ともに実力は1部レベルであり、来季の1部昇格を占うカードだ。

 

第1戦は東洋大川越キャンパスで行なわれた。

個人的に行くとしたら第1戦しかなかった。そこにこだわったのは東洋大・原樹理の登板の可能性が高かったからだ。

東都のNo.1右腕であり、今秋のドラフト会議で24人枠に入ってくる素材である。

 

目論見通り、東洋大は原が先発登板。

初回は伸びのある直球を中心の組み立てで1,2番を少ない球数で打ち取る。

大学のグラウンドのため球速表示はなかったが、140km前半あたりと見ている。ただ打者の手元で一段階伸びているように感じた。

 

これはタイミングを合わせづらそうだな…。そう見ていた刹那、原は3番打者にライトスタンドへ一発を浴びる。

 

吉田正尚だった。今年の大学トップクラスの外野手はコンタクトと飛距離の両方を兼ね備えた中距離打者である。

差し込まれていた1,2番とは違い、吉田は初球から原の直球に十分タイミングを取れていた。打った球は高めのやや内に入った直球だったか。

低めを意識していたらまず振り遅れるところだが、スッとバットを出してきちんと芯に当てたところを見ると、打撃の形を崩すのは非常に難しい打者のようだ。

 

原は1点を失ったものの次打者を難なく打ち取り、初回を終えた。ここから圧巻の投球を見せていくことになる。

2回以降、低めに正確にコントロールされた直球を効果的な内外の出し入れで青学大打線を打ち取っていく。

右打者のひざ元に鋭く迫るスライダーできちんとカウントが取れていたため、四死球も少なくイニングを消化。奪三振も数えるほどだったが、少ない球数でアウトを奪える実践的な一面も見せてくれた。

 

その後の吉田との対決も第2打席、第3打席ともにセカンドゴロに打ち取る。

吉田の直球への対応は相変わらず抜群で、際どい球をファールでカットし、原に球数を投げさせる。

原も他の打者とは攻め方を変え、内へのスライダーに加え、外にフォークを混ぜ込んだ投球で慎重に攻めた。

 

3打席トータルで見るとやや吉田がこの対戦の主導権を握っていたように思う。

凡退した2打席ともに強い打球は打てていたので、原としては気分の悪い内容だっただろう。

 

試合は青学大が1-0で東洋大を下す。原は2安打完投ながら負け投手となった。

青学大・近藤卓也が3安打完封と、両者によるハイレベルな投手戦が繰り広げられた。

この試合での内容において原、吉田ともにドラフトに向けた評価を確実なものにしたと思う。

 

この日、バックネット裏席には多数のスカウトが駆けつけていた。

それだけ注目度の高いゲームの証拠で、一塁側のギャラリーもすごい人数だった。

 

いつかこの2人がプロの舞台で対決する日がくるだろう。

その時、原は吉田に対してどのような攻め方をするか。愚直な直球勝負でねじ伏せるようならすごい投手になっていると思う。

 

 

Please reload

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts

再び声をかけてもらうこということ

July 5, 2018

1/5
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Follow Us
Search By Tags
Please reload

© 2011-2017 Masaki Isaku Photography All Rights Reserved