長倉の好プレーの真相


夏の選手権大会が終了。

決勝のカードは東海大相模と仙台育英。個人的には絶対に見ておくべき3つの学校に数えていたうちの2校がしっかりと決勝まで上がってきてくれた会心の大会だった。こんな順当に行くケースの方が珍しい。ここ10年間で最も質の高いものになったと思うし、決勝に進んだ両校のレベルは2006年の駒大苫小牧と早稲田実業のカードを超えたものだったと思っている。

露出は清宮幸太郎に多くの部分が割かれてしまったが、彼が今大会に出場しなかったとしても十分に楽しい大会になっていたと思う。

見ておくべき3つ目の学校だった浦和学院は埼玉大会の準決勝で敗退し、甲子園へはたどり着けずに終わった。今大会の優勝候補本命と目していたため、浦和学院が出場すれば最高の大会になったはずだ。

そうなったら自分が帯広に全日程滞在することもなかったかもしれないが…。そのあたりは本当にどう転んでいたかわからない。

リアルタイムで見れなかった決勝は録画でじっくりと。仙台育英の打撃は本当に目を見張るものがあったが、最後は東海が突き放した。ホームランを打った小笠原は打撃フォームがめちゃくちゃで、腕だけの打撃でスタンドまで運んでしまった。もう少しバッティングに興味を持てば、野手としても面白い存在になれると思うのだが、こういったところも含めて魅力的な素材であることを見せつけた。

個人的に印象に残ったのは小笠原がホームランを打つ直前の8回裏。谷津航大が死球を受けて三振になった場面だ。

カウントは2ボール2ストライク。小笠原が投じたクロスファイア。ベース寄りに立っていた谷津の左肘付近に当たり、デッドボールかと思われた。しかし球審は両手を上げて、何かを確認。そして打者にアウトのコールをした。もし身体に当たっていなかったらストライクだったとの判定だった。

上空からの映像を見ると、小笠原の直球はベース上を通過しておらず谷津に当たった。実質的には避けずに当たった谷津には死球がボールの判定になり、3ボール2ストライクとなるところだった。しかし…。

その判定をさせなかったのは東海の捕手・長倉のファインプレーだった。

谷津に直球が当たった瞬間、正確に言えば当たる前から長倉はミットをストライクゾーンから動かさずに構えていた。そして当たった後もそのミットを動かさずにいたため、球審はストライクの球筋だったと判断して、三振の判定を下した。

かなりハイレベルな駆け引きだったと思う。18歳がおいそれとできるプレーではなかったはずだ。長倉のこのプレーが、この決勝戦がどれほどのレベルで行われてきたかの象徴だったように思う。そしてこの直後に小笠原のホームランが生まれる。試合後の記事によれば、「小笠原に代打を送る予定だったが、死球から三振に変わったあのプレーを見て、まだ小笠原に風が吹いていると思った」(東海・門馬監督)。

決勝終了後、この長倉のプレーに着目した報道が多く出るものだと楽しみにしていたのだが、現時点までそれに触れた記事を私は見ていない。小田急相模原駅商店街で働く人たちへのインタビューもいいかもしれないが、そんなその場しのぎの報道ばかりで野球の本質を追求した記事があまり見られなかったのは残念だった。

長倉はこの後の進路はそのまま東海大だろうか。小笠原&吉田とハイレベルな投手と3年間(小笠原は中学時代も)バッテリーを組んできた経験と、あの決勝での死球三振の真相をいつか話として聞いてみたいと思う。

#高校野球

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags