進路決定と新入生

山越康平

柿崎颯馬

明治大学の山越康平の大宮入団が内定したようだ。

3年くらい前からジュビロが徹底マークで追いかけていて、服部年宏強化部長の姿をしばしば西が丘でお見かけした。

明治大学→ジュビロ磐田という王道路線でいくのかと個人的にはかなり注目していたが、今年4月から声をかけたという大宮への入団を決意したようだ。

現時点で来季J1でプレーできる可能性の高さ、高校の先輩・富山貴光の存在など様々な要素を混ぜ込んだ上での決断だったと思うが、本人にとってベストと考えたならそれでいいでしょう。

ただかなり早い段階から唾をつけてきたジュビロを思うと切なくなる。おそらくエスパルスがその先駆者だったと思うが、進路決定時期のかなり前から囲い込んで新卒選手の獲得が有効だった時代はとうに過ぎてしまったのかもしれない。昔は早くから目をつけることで本人にその誠意を示し、獲得レースを優位に進められたのだが…。

ただ現在は故障中ではあるが、CBとしての資質は間違いなく大学界屈指の選手なので、即戦力選手として期待してもいいと思う。

失礼ながら個人的に矢板中央高校時代は全く存在を把握してなかった。このあたりの明治のスカウティングはさすがだなと感じる。

山越の他に、和泉竜司、高橋諒と差波優人あたりのプロ入りが有力かな。改めて明治の質の高さには脱帽だ。

先日、組み合わせが決まった夏の高校野球神奈川大会。地元紙の掲載で一次登録メンバーがリリースされていたようだ。

横浜の背番号1は藤平尚真がやはり出てきた。今年のチームではあまり活躍の場を与えられていない印象を受けたが、それはこの夏までに必死に手の内を隠した結果だったか。何にしても面白くなってきた。

新入生に目をやると桐蔭学園の柿崎颯馬が一ケタの背番号で登録を勝ち取った。

昨年のリトルシニアでは、彼の総合力の高さに大きく目を奪われた人間としては「登録は当然だよな」という気持ちである。

お兄さんもプレーしている桐蔭学園への縁の深さも考慮すると入学前から期待されていたはずだ。

おそらく内野手で出場するのだろうが、その能力は十分通用するので自信持ってプレーしてもらいたい。


  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
まだタグはありません。