• Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

June 29, 2015

 

明治大学の山越康平の大宮入団が内定したようだ。

 

3年くらい前からジュビロが徹底マークで追いかけていて、服部年宏強化部長の姿をしばしば西が丘でお見かけした。

明治大学→ジュビロ磐田という王道路線でいくのかと個人的にはかなり注目していたが、今年4月から声をかけたという大宮への入団を決意したようだ。

 

現時点で来季J1でプレーできる可能性の高さ、高校の先輩・富山貴光の存在など様々な要素を混ぜ込んだ上での決断だったと思うが、本人にとってベストと考えたならそれでいいでしょう。

 

ただかなり早い段階から唾をつけてきたジュビロを思うと切なくなる。おそ...

June 15, 2015

神奈川の組み合わせが決まった。

ノーシードの横浜が県立相模原のブロックに入り、トーナメントの序盤から激しいカードが実現する形になった。

 

今の学年の横浜は秋・春と好ましくない成績だったが、良い選手はいるので、必ず夏にはしっかり作ってくると思う。

順当にいけば、3回戦で石井翔のいる三浦学苑と当たる。最初のポイントはここかな。その次は相模原とだから本当にタフな組み合わせになったと感じる。

 

東海大相模は春関で吉田の復活に目処がたったので、打線が調子を上げていけば優勝の最有力でしょう。

時間が許す限り、神奈川大会は積極的に足を運ぶつもりでいる。夏は...

June 9, 2015

先週に引き続き、日本クラブユース選手権(U-18)の地区予選に足を運ぶ。

今回は東海。先週の関西同様に一つの会場で強豪4クラブが一気に観られるため、前々から予定を決めていた。

 

PPリーグの最終節のこの日は、数字上、4クラブ全てに1位での自動出場と最下位での予選敗退の可能性があった。

東海地区の激戦区ぶりは他地区を完全に凌駕していて、予選突破の難易度で言えば、関東にもひけをとらず、「1チームは必ず出場できない」という部分においては日本一残酷な地区かもしれない。

リーグ最終節にしてこの「4クラブ全てにあらゆる可能性が残されている」といった事実...

June 1, 2015

日本クラブユース選手権(U-18)関西予選にやってきた。

ANAマイルの有効期限が迫り、その消化を考えた際に生まれた今回の遠征。

 

一つの会場で関西のJクラブ4チームが一気に観られる便利なレギュレーションが組まれていた。

今年はまだプレミアWESTに行けていないので、タイミングとしてはかなり恵まれた感がある。

ここまで来たのだから使ってもらいたい気持ちは大きいのだけど…。

 

会場はガンバ大阪人工芝グラウンド。建設中の吹田市立スタジアムがそびえ立っているところが少し前と違う景観を作り出している。

外見だけの確認となったが、工事は順調に進んでいる...

Please reload

Featured Posts

再び声をかけてもらうこということ

July 5, 2018

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us

© 2011-2017 Masaki Isaku Photography All Rights Reserved